業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

政府与党に要望書提出の見通し 慢性疲労症候群(CFS)をともに考える会

2010年11月30日(火)09時52分配信 配信日:10/11/30 09:52 icon_view968view icon_view968view
慢性疲労症候群(CFS)をともに考える会の第1回総会が27日、東京都内で開催され、都内はもちろん栃木県、滋賀県などから集うなど盛況な催しとなった。  共同代表である有原誠治氏は、本年2月に発足した考える会の活動を振り返り、「医療関係者すら理解していないCFSを社会的にどう認知させていくか苦労したが、現在は患者、家族、支援者を含め73人まで会員数を増やすことができた」と述べるとともに、「12月には政府与党議員に、CFS研究の再開を願う要望書を手渡す予定」との見通しを語った。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る