業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

長期処方の実態調査、3割が「5週以上」と回答  日本医師会・高杉敬久常任理事

2010年12月13日(月)09時47分配信 配信日:10/12/13 09:47 icon_view825view icon_view825view
日本医師会の高杉敬久常任理事は8日の定例会見で、長期処方についてのアンケート調査結果を明らかにした。もっとも多い処方期間が「5週以上」という医師が3割おり、処方期間の長期化が見られた。長期処方中に患者が重篤化したとの報告もあったことから、日医はこれを問題視し、今後医師の責務として適切な処方期間を確保するよう自ら努めることや、中医協などであらためて処方期間の在り方を 検討するよう要望する方針を打ち出した。なお、2002年度診療報酬改定に伴う療養担当規則の見直しにより、薬剤投与期間に係る規制は原則撤廃されている。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る