業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

処方受付時からの薬剤師関与が効率的、東京薬科大が報告

2011年01月26日(水)09時33分配信 配信日:11/01/26 09:33 icon_view1713view icon_view1713view
処方せん受付時に薬剤師が患者から情報をヒアリングする手順のほうが、調剤終了時に服薬指導する手順より効率が良い傾向がある――。これは東京薬科大学薬学部の土橋朗教授らがまとめた日薬委託研究『薬剤服用歴の解析に関する調査研究』の最終報告書の中でこのように指摘し、処方せん受付時から薬剤師が関与することの有用性を強調した。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 2

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る