業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

4月から計画的にJMATを派遣、継続性を重視 日医

2011年03月31日(木)09時29分配信 配信日:11/03/31 09:29 icon_view928view icon_view928view
日本医師会の石川広己常任理事は30日の会見で、東日本大震災の被災者に対する医療支援の今後の在り方について見解を述べた。石川常任理事は「避難所生活が長期化することも想定され、JMAT(日本医師会災害医療チーム)の役割はますます重要になる」との認識を示した上で、「今後は長期にわたる継続的な支援を行っていくことが課題になる。現在派遣に向けて準備中の133チームについては計画的に被災した東北3県に派遣していくことを考えている」と述べた。また、JMATに求められる役割や今後の支援活動の方向性などを検討する際の参考とするため、石井正三常任理事が30日から現地で情報収集に当たっていることも明らかにした。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る