業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

放射線の健康影響に関する調査を国に提案 国立がん研究センター

2011年04月18日(月)09時19分配信 配信日:11/04/18 09:19 icon_view779view icon_view779view
国立がん研究センターの嘉山孝正理事長は14日、緊急記者会見を開き、福島第1原発事故に起因する放射線の健康影響に関する調査を国と福島県に提案すると発表した。医療従事者が普段診療に用いているガラスバッジを個人に配布し、被曝量を計測するという計画で、実際にどれほどの放射線に被曝しているか正確な数値で知ることで、被災者らに安心感を得てもらう狙い。また、原子炉での作業員など、被曝線量が250ミリシーベルトを超える可能性がある人たちに、自己の末梢血管細胞を保存することを改めて提案、被曝で自己造血機能が低下した場合でも、「安全な自家移植をすぐに行うことで救命率が高くなる」と訴えた。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る