運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

救急・周産期・小児に関する診療報酬について議論

2009年07月09日(木)14時41分配信 配信日:09/07/09 14:41 icon_view812view icon_view812view
 中央社会保険医療協議会の診療報酬基本問題小委員会(委員長・遠藤久夫学習院大教授)は8日、基本診療料の中でも救急・周産期・小児に関する診療報酬項目について検討を行った。多くの委員から「救急・周産期・小児にはより多くの診療報酬をつけてほしい」との意見が挙がり、西澤寛俊委員(全日本病院協会会長)は「医療崩壊が一番現れているのが救急・周産期・小児の分野で、国を挙げて何とか対応していかなければならない。救急に関しては、より診療報酬をつけてほしい」と要望。
さらに、「3次救急は当然だが、2次救急や初期救急も手厚く評価すべき。さらに踏み込めば、入院医療に大幅につけないと医療崩壊の問題は解決しない」と指摘した。遠藤委員長は「これらの意見を踏まえて、今後も基本診療料の議論を進めていく」と述べた。

 厚生労働省は保険医療機関および保険薬局における後発医薬品の使用促進をうながす内容の、保険局医療課長通知と医療指導監査室長通知を地方厚生(支)局医療指導課長に1日付で発出した。後発医薬品については、関連規則の改正により、医師・薬剤師に使用を考慮するよう定めた努力義務規定を設けるなど、使用促進策がとられているが、中医協が08年度に行った調査で、後発医薬品の使用に積極的でない医療機関や保険薬局の存在が明らかになり、問題視されていた。

 こうした状況を踏まえ、厚労省は同通知により、各地方厚生(支)局が実施する保険医療機関・保険薬局に対する適時調査や集団指導、個別指導などの際に、後発医薬品の使用促進に係る規定の周知徹底を図るとともに、遵守状況の確認や必要な場合には指導を行うよう要請した。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る