業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

レセプト調査とコスト調査の結果を報告 慢性期入院医療の包括評価調査分科会

2009年07月10日(金)15時03分配信 配信日:09/07/10 15:03 icon_view13view icon_view13view
 中医協の診療報酬専門調査組織である慢性期入院医療の包括評価調査分科会(分科会長・池上直己慶應義塾大学医学部教授)が8日開かれ、昨年度実施した慢性期入院医療に関する実態調査のうちレセプト調査とコスト調査の結果が事務局から示された。 対象病院(66病院の医療療養病棟)のレセプト算定実日数(09年1月分)に基づく患者の医療区分構成は、区分1、3が前回比で減少した一方、2が大幅に増加。ADL区分では日常生活自立度の低い2と3が増加した。患者1人1日当たり収入額は約1万8100円で横ばいだが、内訳は入金基本料1万2883円(前回比298円減)などが減る一方、出来高部分などが増加した。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る