業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

住民の被ばく量測定を提案、疫学調査やがん登録も 国立がん研究センター

2011年06月12日(日)09時00分配信 配信日:11/06/12 09:00 icon_view578view icon_view578view
国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)は7日に記者会見を開き、福島第1原発の放射性物質漏れが長びいていることなどを受け、国に対し、放射線被ばく量が高いとされている福島県内の地域の住民を対象に被爆量の測定を行うことなどを提案した。とりわけ20歳未満の子どもや農業などの屋外作業従事者について、個人の被ばく放射線量測定装置(ガラスバッジ)を用いて月単位の被ばく量測定を早急に開始するよう訴えた。

嘉山理事長は「実際に住民が受けている放射線被ばく量が測定されていないために不安が助長されている。実際の数値を測定し正確な情報を出すことで、分からないことによる不安は軽減できる。早急に実施すべき」と主張した。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る