業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

20~60代男性の約3.6人に1人がED症状

2011年07月30日(土)09時00分配信 配信日:11/07/30 09:00 icon_view636view icon_view636view
■加齢だけが要因ではない!? 調査で若齢化傾向が明らかに

バイエル薬品(大阪府大阪市)は、全国の20~69歳の男性1030人を対象に「ED(勃起障害)に関する意識調査」を行い、6月23日、その結果を公表した。インターネットによるリサーチで、調査時期は2010年12月23日~12月24日。

調査は、IIEF-5に基づくED問診票への回答を点数化して重症度などを評価した。それを「ED症状あり」と「ED症状なし」に分類すると、全体の27.4%(約3.6人に1人)にED症状があることがわかった。
年代別にみると、30?60代には「ED症状あり」の割合が加齢とともに増える相関関係がみられたものの、20代(22.4%)は30代(14.1%)を大きく上回る結果に。さらに、重症度分類で「重症ED」だった20代の割合が30代、40代よりも高いことから、ED症状には加齢以外の要因が示唆されるとしている。

■どの年代よりも性的関係を持たず、ED症状を不満に感じない20代

この調査では、職場の女性とのコミュニケーションに対する苦手意識についても言及している。ED症状がある男性はない男性に比べ、どの年代においても苦手と回答する割合が高く、特に20代、30代でその傾向が顕著だった。

現在の状態が今後一生続くことに対しては、ED症状の有無にかかわらず、20代で不満を感じていない傾向が際立った。同社は、こうした関心のなさが、セックスレスとの関連や少子化問題を考えるきっかけになるのではと分析。若年層への啓発活動の必要性を強調している。

(情報提供元:「ナース専科」マガジン編集部

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19845件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5616件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る