業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

自己注射、患者と医師に意識の差

2011年08月05日(金)15時37分配信 配信日:11/08/05 15:37 icon_view813view icon_view813view
■自己注射に抵抗感があるのは……

日本イーライリリー(兵庫県神戸市)は、全国の骨粗鬆症患者と医師に、それぞれ郵送とインターネットで“自己注射”に関する意識調査を行い、8月3日にその結果を発表した。

今回の調査対象は、自己注射による骨形成促進剤「フォルテオR皮下注キット600μg」を使用した患者507人(そのうち約7割が70代以上)と、現在、同剤を処方していない整形外科の医師375人。

調査結果によると、患者の9割以上は自己注射の印象を「難しくないので簡単に覚えられる」(71%)、あるいは「難しいが練習すれば覚えられる」(26%)と回答、また約7割の人が1回の通院で手技を習得していることがわかった。自己注射による治療の継続についての質問には、88%が継続の意向を示したという。

■医師は手技の習得や継続の困難さに懸念

一方で、自己注射の手技に対する医師の認識は異なる。患者さんが高齢になるほど手技の習得は難しいと考え、患者さんが「自己注射を受け入れてくれない」(74%)、「毎日継続できない」(53%)、「高齢なため操作方法を忘れる」(52%)ことなどを懸念している傾向がわかった。

この結果を受け、同社の宗和秀明・臨床開発医師は「80代以上でも約9割が『難しくない』『練習すれば覚えられる』と回答しており、医師が懸念するほど患者さんに抵抗感はないのでは」と述べている。

(情報提供元:「ナース専科」マガジン編集部

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る