業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ぜんそく発症に関わるゲノム発見

2011年08月07日(日)09時00分配信 配信日:11/08/07 09:00 icon_view591view icon_view591view
■理研の発表

理化学研究所は、8月1日、「成人気管支喘息(ぜんそく)の発症に関わる5つのゲノム領域発見」したと発表した。研究は、理研ゲノム医学研究センター呼吸器疾患チームの玉利真由美チームリーダー、広田朝光リサーチアソシエイト、国立大学法人京都大学、国立大学法人筑波大学、ハーバード大学を中心とする、共同研究グループによる成果。成人気管支喘息については、環境や遺伝が複雑に関与していると指摘されているが、仕組みについては詳しくわかっていなかった。

■研究は

研究グループは、日本人の成人気管支喘息患者1532人と、非患者3304人に、ヒトゲノム全体に分布する約46万個のSNPのゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、比較検討し、成人気管支喘息の発症と関与するSNPを探索、追認解析を行い、結果の再現性を確認した。

■今後について

今回、成人気管支喘息の発症に重要な役割を果たすゲノム領域が明らかとなり、現在マウスなどを用いて喘息の治療標的分子の固定が試みられている。また、関連遺伝子がどのように組み合わさって機能しているかを調べることで、気管支喘息の病態解明が進むことが期待されている。気管支喘息の病態が解明され、患者の苦痛が和らげられる日も近いかもしれない。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る