業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

調剤ミスで女性死亡、「バップフォー」と「バソメット」の間違え

2011年08月10日(水)16時58分配信 配信日:11/08/10 16:58 icon_view3789view icon_view3789view
■薬品名を間違える

2008年6月、当時96歳の女性患者が誤って調剤された薬を服用し続け脳梗塞で死亡するという事故があった。その損害賠償を求める裁判が先月21日に札幌地裁でおこなわれた。

北海道保健企画(札幌市東区・代表 杉山淳史)が運営するひまわり薬局の薬剤師が、頻尿治療に使われる「バップフォー」を処方しなければならないところ、処方箋を読み間違えて血圧降下剤「バソメット」を女性患者に渡してしまった。

■バソメット使用量も通常の4倍

本来バップフォーを服用するはずだった女性患者は、誤って渡されたバソメットを41日間服用し、その後脳梗塞で死亡した。更に誤って渡されたバソメットも、通常の服用量の4倍だったという。北海道保健企画は調剤ミスは認めたうえで、女性患者の脳梗塞とは関係ないと主張していた。

札幌地裁は死亡と調剤ミスの因果関係を認め、2500万円の支払いを北海道保健企画に命じた。運営会社は協議中を理由にコメントは控えている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る