業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

毒クモ多数発生!咬まれると腫れを伴う激しい痛み

2011年08月14日(日)09時00分配信 配信日:11/08/14 09:00 icon_view1628view icon_view1628view
■夏の暑さの影響か?毒クモ発生

中日新聞の7月17日の記事によると、日本国内に生息するクモの在来種であり、毒を持つカバキコマチグモ(樺黄小町蜘蛛)が、静岡県浜松市で例年より多く発生していることを、日本蜘蛛(くも)学会会員で遠江総合高校(森町)講師、伊藤信夫さん(66)が確認したという。

8年ほど前から、伊藤さんは西区の浜名湖ガーデンパークなどで生態を調査している。例年は個体の確認数が80匹くらいだが、今年は既に120匹ほどを確認した。伊藤さんは夏の暑さの影響ではないかと推測している。

■咬まれない予防策を

カバキコマチグモは、フクログモ科コマチグモ属に属するクモである。 ススキなどイネ科の植物の葉を巻いて巣を作り、6~9月にかけて産卵する。成虫は体長10~15ミリで、オレンジ色の体色からカバキの名前がついたといわれている。

黒く大きな顎を持ち、日本の在来種でもっとも強い毒を持ち、毎年、咬傷事故が問題になるクモである。子どもがクモの巣があることに気付かずに、ススキなどの葉を開いて咬まれることが多い。

毒による致死性はないが、指先をかまれると激しい痛みとともにひじまで腫れる。腫れは2~3日で引いていくが、痛みやしびれが2週間ほど続く場合がある。 重傷化した場合は、頭痛、発熱、悪心、嘔吐、ショック症状などを起こすという。

カバキコマチグモに咬まれないために、ススキなどの葉に巣(産室)があることに気付いたら絶対に葉を開かないこと、草取りの場合も手袋をするなどの予防策が必要である。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る