運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

うつ病の治療法(ECT)でアルツハイマーの原因物質抑制に成功

2011年08月14日(日)09時00分配信 配信日:11/08/14 09:00 icon_view1607view icon_view1607view
■電気けいれん療法(ECT)をアルツハイマーに応用

神経生理学が専門の金沢医科大学・加藤伸郎教授と国立病院機構・宇多野病院(京都市)・山本兼司医長らの研究グループが、アルツハイマー病の原因となる物質「アミロイドβ(ベータ)」の抑制方法を突き止めた。

加藤教授らの研究グループが実証したアルツハイマー病の原因物質の抑制方法とは、うつ病治療に効果があるとされる電気けいれん療法(ECT)を用いるというもの。研究成果はアメリカ神経科学会誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」の電子版に発表されている。

■マウスを使った実験 

加藤教授らの研究グループの実験は次のようなものだ。遺伝的にアルツハイマー病にしたマウスの神経細胞は、正常なマウスの神経細胞に比べて情報を伝達する活動電位が約5割、長くなることを発見した。

研究グループはさらに、このアルツハイマー病のマウスの神経細胞に電気けいれん療法(ECT)の電気刺激を与えた。すると、活動電位が正常化したのだ。

アルツハイマー病のマウスの神経細胞にはアミロイドβが蓄積している。この実験によって、電気けいれん療法(ECT)の電気刺激がアミロイドβの作用の抑制に効果があると判明した。

■過去に研究事例なし 今後の治療に大きな期待

アルツハイマー病治療の現状は、直接アミロイドβに作用する薬剤はなく、開発中のワクチンがあるという段階。今回の研究成果はアルツハイマー病治療の新たな道筋となる。

神経科学の専門家で脳神経機能に詳しい沢田誠氏(名古屋大学環境医学研究所副所長)は、アルツハイマー病の初期症状はうつ病に似ているとした上で、次のように語っている。

「ECTの効果はある程度の予想はできたが、実際の研究事例はなかった。発症のメカニズム解明や新しい治療法につながる研究成果だ」

研究チームの加藤教授は次のように話している。

「今後ECTによる治療効果が実証されると、既存の技術を応用した容易な治療法となりうる」

アルツハイマー病の治療に、新たな一歩が踏み出された。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る