業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

調剤ミスで女性死亡、薬剤師が書類送検

2011年08月22日(月)17時43分配信 配信日:11/08/22 17:43 icon_view3400view icon_view3400view
■毒物指定の薬を誤って調剤

埼玉県警によると、2011年8月19日に、小嶋薬局本店サンセーヌ支店の吉田玲子管理薬剤師を業務上過失致死の疑いで、経営者である小嶋富雄県薬剤師会会長を業務上過失致傷の疑いで、それぞれ書類送検したそうです。

小嶋会長は、2010年3月25日に、春日部市の女性に対し、胃の負担を和らげる「胃酸中和剤」を調剤すべきところ、間違えて高齢者に重篤な副作用があり、毒薬指定されている「コリンエステラーゼ阻害薬」を誤って調剤。この女性は、同3月31日から薬の服用を始め、4月7日に入院先の病院で死亡しました。

■ミスに気がついたのに放置

吉田薬剤師は、同4月1日に部下が在庫管理を行った際、調剤ミスに気がつき報告をしていたにもかかわらず、死亡した女性に連絡をせず放置していました。

調べでは、このミスは、薬局スタッフが調剤管理ソフトに胃酸中和剤を登録する際に誤入力をしたのが原因で、吉田薬剤師はこのミスについて、叱責されるのが嫌で放置していたそうです。

埼玉県警は、調剤ミスに気がついた時点で女性に連絡をしていれば、死亡しなかったものと見ています。ミスが分かった時点で連絡をしていれば、調剤する際にしっかりと薬を確認していれば、と思うと本当に残念ですね。
(情報提供元:エスタイル)

Good 19

コメント

回答:10件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5597件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る