業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ビフィズス菌「LKM512」の摂取で寿命が伸びる!?

2011年08月29日(月)18時59分配信 配信日:11/08/29 18:59 icon_view757view icon_view757view
■大腸の老化抑制や抗炎症効果が長寿につながる

協同乳業、理化学研究所、京都工芸繊維大学、京都大学の共同研究グループは、プロバイオティクスビフィズス菌「LKM512」の摂取よって、マウスの寿命を伸長させる効果が得られたと発表した。

今回の研究は、LKM512の摂取により、抗炎症作用や腸管バリア機能の維持・促進などの作用が報告されている生理活性物質「ポリアミン」を大腸内で増やすことで、老年病の原因である慢性炎症を抑制し、寿命伸長につながることを明らかにするというもの。

■腸内環境の改善にはLKM512摂取によるポリアミン生成が効果的

実験では、マウスを3グループに分け、それぞれにLKM512、スペルミン(ポリアミンの一種)、生理食塩水を週3回経口投与し、寿命、腸内環境および炎症状態に与える影響を検証した。その結果、ポリアミンの直接投与も寿命の伸長傾向を示したが、LKM512を摂取して腸内細菌にポリアミンを産生させるほうか効果的であることがわかった

この研究結果は、8月17日付で米国オンライン科学誌「PLoS ONE(プロスワン)」に公開された。
(情報提供元:「ナース専科」マガジン編集部

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る