業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

入院患者が残ったまま、病院敷地内で不発弾処理(沖縄県)

2011年08月31日(水)17時47分配信 配信日:11/08/31 17:47 icon_view710view icon_view710view
■避難対象は910人

沖縄県南風原町にある「嬉野が丘サマリヤ人病院」の敷地内で不発弾が発見され、来月4日にも処理がおこなわれることになっているが、処理の際に患者を移動させることが困難であるという。避難対象は不発弾を中心とした半径222メートルの入院患者や住民など約910人となっている。

■過去にも入院患者を残し、不発弾処理をした事例

今月24日に病院関係者、自衛隊、県などが同町役場で対策協議会を開き、今後の対策について話し合った。同病院の敷地内には約600人の患者が入院しており、中には重度の精神障害をもった患者や酸素吸入装置が必須の危篤患者もおり、不発弾処理の作業中に避難することが難しいとしている。

沖縄タイムスの取材に対して城間俊安町長は
「本来、処理は国が担い市町村はそのサポートをする役目。今回のようなケースは国が判断を下すべきで、処理の在り方を含め国へ強く申し入れたい」

と話しており、国に協力を求めたいとしている。

県内では1997年から2011年の間に、入院患者が残ったまま不発弾処理をおこなった事例が3つの病院で報告されており、弱者に対する安全確保が急がれる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る