業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

千葉県精神科医療センター、患者の個人情報を紛失

2011年08月31日(水)17時50分配信 配信日:11/08/31 17:50 icon_view1035view icon_view1035view
■悪用の形跡は今のところなし

千葉県精神科医療センターは、患者約850人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表しました。

メモリーには、患者の氏名と住所、診断名、生活歴などが記録されていましたが、パスワードなどは設定されていなかったとのことですが、今のところ、情報の流失や悪用の被害などは報告されていないそうです。

■首から下げて持ち歩く

千葉県精神科医療センターによると、このUSBメモリーは、本来は鍵のかかる引き出しに保管すべきところを、30代の男性医師が、勤務中にUSBメモリーを付けたストラップを首から下げて持ち歩いていたそうです。

男性医師は、USBメモリーを8月23日に業務で使用し、24日は休暇で、25日に紛失が気がついたそうですが、紛失の経緯は不明とのことです。

男性医師によると、外に持ち出したことはないと話しているため、センター内で紛失したものと思われますが、個人情報がどんなに重要なものなのか、再度徹底して教育を行うとともに、再発防止に取り組んで欲しいですね。

なお経済産業省では、パソコンの紛失・盗難による個人データの流出対策として、
<1>業務用パソコン(業務用個人データが保存された個人所有パソコンを含む。)の事業所からの持ち出しの(禁止を含む)ルールの徹底
<2>事業所外に持ち出したパソコンの取扱いのルール(身体から離さない等)の徹底
<3>個人データをパソコンのハードディスクに保存して利用することの制限

を徹底するように、注意喚起を促しています。パソコンに比べて小さなUSBメモリーは持ち運びしやすい反面、紛失しやすいもの。取り扱いには細心の注意を払い、管理を徹底しなければなりませんね。

編集部 吉沢
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る