業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

昨年のヒヤリ・ハットは1万3千件!混乱する薬局の現場

2011年09月02日(金)16時32分配信 配信日:11/09/02 16:32 icon_view820view icon_view820view
■「調剤」で全体の94.7%

今月30日、日本医療機能評価機構(東京都千代田区・井原哲夫理事長)は昨年1年間の「薬局ヒヤリ・ハット事例」が約1万3千件もあったことを発表した。同機構がまとめた資料によると、最も多かった事例が「調剤」で全体の94.7%を占めている。その他は「疑義照会」「特定保険医療材料」などだった。

■7月の発生が最多

最も多かった「調剤」の内訳を見ると「数量間違い」が39.9%、次いで「規格・剤形間違い」「薬剤取違え」などが続いた。資料では名称類似によるヒヤリ・ハット事例の具体的な薬剤として、アロテックとアレロック、ウテメリンとメテナリン、テオドールとテグレトール、プレドニンとプルゼニトなどを挙げて注意を促している。その他にも月、曜日、時間別に分けて、いつヒヤリ・ハット事例が発生しやすいかどうか細かく統計をとっている。22年度は7月が最も多く1829件だった。

NHKの取材に対して同機構は
「基本的な確認を徹底して、重大な医療事故を防いでほしい」

とコメントしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5592件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る