業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

放射性物質の過剰投与を受け声明を発表 日本核医学会

2011年09月08日(木)10時06分配信 配信日:11/09/08 10:06 icon_view567view icon_view567view
日本核医学会は1日、甲府市立甲府病院で15歳以下の子ども84人に対し同学会の推奨投与量を超える放射性物質が検査のために過剰に投与され、被曝していた問題を受け、玉木長良理事長名で声明を発表した。
声明ではまず、「今回の被曝は医療被曝であり、福島原発事故に伴う公衆被曝とは全く異なった事例」と指摘。その上で、「適切な検査適応に基づき、承諾の上で行われる被曝で、不特定多数に対する被曝ではないこと、検査による明白な利益があること」を公衆被曝との根本的な相違点として挙げた。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る