運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

エイズ対策、検査の充実が急務

2011年09月14日(水)17時57分配信 配信日:11/09/14 17:57 icon_view528view icon_view528view
■増加し続ける患者・感染者

今年5月に厚生労働省エイズ動向委員会によって発表された統計によると、昨年1年間で新たに報告されたAIDS患者は469件となっており、2008年、2009年がこれまで431件の同数で最多となっていた記録を上回った。

HIV感染者の報告数も1075件で前年より54件増加。これは年間報告件数では過去3番目となっている。

こうした増加傾向に対し、無料・匿名での検査が十分に活用されていないとの意見が出されており、検討が重ねられていた。

■指針改正案まとまる

9月9日、後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針の改正案などが報告された。これは、厚生科学審議会感染症分科会感染症部会の「エイズ・性感染症ワーキンググループ」の下部組織である「エイズ予防指針作業班」がまとめたものである。

■充実した検査体制への取り組みが最重要事項

その中で、「検査・相談体制の充実」の位置付けの強化や、個別施策層に対する検査での目標設定の必要性の明記がうたわれており、検査体制の改善に積極的に取り組み意向が明確化された。

検査体制に関しては、現在「発生の予防及びまん延の防止」の項目の中に記載されている「検査・相談体制の充実」が挙げられる。これを、独立した項目として取り上げ、重要施策として位置付ける方針。NGOなどとの連携によって、検査や相談のシステムの充実化を図る。感染者報告には地域差も大きいことから、各自治体との連携も必要性が問われている。

こうした内容を盛り込んだ改正案は、16日にワークグループの議題に掲げられ、指針改正は早ければ12月という急ピッチで対応されるといわれている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る