業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

日本保険薬局協会、ジェネリック医薬品の使用状況について調査

2011年09月15日(木)17時47分配信 配信日:11/09/15 17:47 icon_view889view icon_view889view
■全体の61.7%が積極的にジェネリック医薬品を調剤

日本保険薬局協会は、『ジェネリック医薬品に関するアンケート』を行い、その調査結果について公表しました。このアンケートは、後発医薬品の使用状況と動向について調べるために、日本保険薬局協会の会員薬局に対し、2011年8月3日から8月19日にかけて実施され、2619薬局が回答しました。

アンケートでは、積極的にジェネリック医薬品を調剤するスタンスをとっている薬局が61.7%にのぼり、ブロック別に見ると、中部北陸地区が73.4%、次いで北海道地区が66.2%となっています。

■ジェネリック医薬品への変更は増加傾向

全ての処方箋に対する変更動向は、

【全ての処方箋枚数に対するジェネリック医薬品への変更可の処方箋枚数の割合】
‐2011年8月調査 60.0%
‐2010年11月調査 57.4%

【変更可の処方箋枚数に対する実際にジェネリック医薬品に変更した処方箋枚数の割合】
‐2011年8月調査 38.5%
‐2010年11月調査 37.4%

【全ての処方箋枚数に対する実際にジェネリック医薬品に変更した処方箋枚数の割合】
‐2011年8月調査 23.1%
‐2010年11月調査 21.5%

【全ての処方箋枚数に対する変更不可のサインのある処方箋枚数の割合】
‐2011年8月調査 26.0%
‐2010年11月調査 27.8%

という結果が出ています。このアンケートから、全体的に見て、ジェネリック医薬品への変更調剤は増加傾向にあることがわかりますが、近隣の医療機関がジェネリック医薬品の使用に消極であると、薬局も消極的であるという結果も出ています。詳細については、以下サイトよりご覧下さい。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る