業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

子宮摘出にて死亡、支払いを条件に和解成立 -静岡-

2011年09月19日(月)09時00分配信 配信日:11/09/19 09:00 icon_view701view icon_view701view
■1億2千万円が和解金として提示

2005年に、静岡県静岡市の産婦人科医院(現在は閉院)で、子宮摘出手術を受けた女性(当時、45歳)が、死亡した件で、医療ミスが原因であるとして、遺族が医師2人に対して損害賠償を求めていた訴訟で、12日、東京高裁にて、医師側が1億2000万円を支払うという内容にて和解が成立した。

■輸血の準備なく、事後の措置も不十分

女性は、子宮摘出の手術中に大量出血が原因で死亡した。3月の一審静岡地裁判決では、2人の医師が輸血の準備がないまま手術を行い、容態急変後も転院などの適切な措置を取らなかった過失を指摘し、約1億1千万円の支払いを命じていた。

■50年がかりでの支払いも

遺族側の説明によると、医師側が日本医師会などを相手どり、この医療事故が医師賠償責任保険の適用対象になることの確認を求めて、静岡地裁に提訴しているという。保険金が支払われれば、これが和解金に充当されるが、敗訴して責任保険の適応対象にならない場合は2人の医師が50年間かけての分割の支払いとなるという。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5592件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る