業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

WHOが警告!生存率50%の多剤耐性結核、ヨーロッパで流行

2011年09月22日(木)16時11分配信 配信日:11/09/22 16:11 icon_view3125view icon_view3125view
■ヨーロッパや中央アジアで流行

通常の結核の致死率は7%と言われている。そんな中、薬が効かない多剤耐性結核がヨーロッパや中央アジアで急激に増えていると世界保健機関(WHO)が14日に発表した。多剤耐性結核は致死率が50%と言われている。

■薬が効かない結核

結核菌は空気感染 、飛沫核感染などで人の体内に吸い込まれ、年間170万人以上の死者が出ている。通常の結核であればリファンピシン、イソニアジド、エタンブドールなどの服薬により数ヶ月で治療を終えることができる。ところが現在ヨーロッパや中央アジアで流行している多剤耐性結核は、結核治療に必要なリファンピシン、イソニアジドへの耐性をもっているため治療が困難だ。

また多剤耐性結核の治療は2年以上かかると言われ、当然ながら入院や薬の費用も高くなってしまう。WHOは結核撲滅計画を立てており、ロイター通信は
計画が完全に実施されれば、2015年までに多剤耐性結核患者12万7000人の治療に成功し、12万人が死亡するのを防ぐことができるとしている。

と報じている。一刻も早い計画実施が望まれる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 2

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る