運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

今年は減少、デング熱輸入感染

2011年09月26日(月)16時53分配信 配信日:11/09/26 16:53 icon_view539view icon_view539view
■前年比で減少

毎年7月から10月に、輸入感染の見られるデング熱・デング出血熱。

国立感染症研究所のデータでは、世界的にデング熱が大流行した昨年は、通年で245例と日本でも過去最高の数値が報告されていたが、今年は8月21日現在で既に58例となっており大幅に減少したと見られる。震災の影響、燃油チャージの上昇などで、海外渡航者数自体が、前年度よりも減っていることも一つの原因と考えられる。

■東南アジアでの感染が主流

デング熱・デング出血熱は、ヒトスジシマカや、ネッタイシマカなど蚊を媒介とする感染症で、潜伏期間は1週間程度。患者は、高熱・全身の痛み・眼窩痛・倦怠感などを訴える。デング出血熱の場合、鼻出血や消化管出血を見ることが多い。東南アジア圏では、毎年死亡する患者もあり、日本ではあまり馴染がないが、重症化すると危険な疾患である。

現状では、ワクチン・抗ウィルス薬はないため、虫除けなどで予防をはかるのが大切。

日本人渡航者の渡航先では、インド・インドネシア・フィリピン・タイなどが多い。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る