運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

RSウイルス感染症、大流行の兆候

2011年09月29日(木)17時58分配信 配信日:11/09/29 17:58 icon_view917view icon_view917view
■患者が異例のペースで増え続ける

国立感染症研究所によると、乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症の患者が、異例のペースで増え続けているそうです。

通常、RSウイルス感染症の患者のピークは冬季ですが、すでに夏季より増加傾向にあり、これから秋期から冬期にかけて、更に報告数が増加するものと予想され、今後、注意深く推移を見ていく必要があるとしています。

■第25週から増加傾向、2004年以降の報告としては最多

RSウイルス感染症の報告数は、第36週(9月5日~9月11日)で1,321例と、第30週以降増加傾向にあり、都道府県別に見ると、第36週は
大阪府・・・209
宮崎県・・・147
東京都・・・97
福岡県・・・85
香川県・・・74

となっています。国立感染症研究所では、このRSウイルス感染症は、風邪と間違えられやすいため、熱が下がってもせきが続くなどの症状が続いた場合は、早めに受診をして欲しいとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る