業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

被ばくの可能性が?福島の子、甲状腺機能に変化

2011年10月06日(木)17時00分配信 配信日:11/10/06 17:00 icon_view973view icon_view973view
■130人中10人の甲状腺機能に変化が

認定NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金と、信州大学医学部附属病院が行った健康調査で、福島の子ども130人中10人に甲状腺機能に変化が見られることがわかりました。

NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金は、チェルノブイリ原発事故後、この事故の影響と思われる病に苦しむ子どもたちの医療支援を行うために、1991年1月に設立された、民間非営利団体です。

■福島第1原発事故との関連は?

日本チェルノブイリ連帯基金と信州大学病院は、2011年7月から8月にかけて、福島県の警戒区域や計画的避難区域から長野県茅野市に避難していた子どものうち、希望者130人に血液検査や尿検査、問診などを実施しました。

その結果、1人は甲状腺ホルモンが基準値を下回り、7人が甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回り、また、2人の男児は、甲状腺がんを発症した人の腫瘍マーカーにも使われる「サイログロブリン」の血中濃度が、基準値をやや上回ったそうです。

現時点では病気とは言えない状態とのことですが、今度経過観察が必要とのことです。

気になるのが、福島第1原発事故との関連ですが、今のところ可能性は捨てきれないとのこと。調査を受けていない、他の子供たちは大丈夫なのか、調査を受けた子どもたちの、その後のケアはどのように行っていくのか、そちらも気になりますね。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:1件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る