業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

セルフで食品中の放射性物質を測定、柏に「ベクミル」オープン

2011年10月16日(日)09時00分配信 配信日:11/10/16 09:00 icon_view1022view icon_view1022view
■利用者自身が測定

今月11日、千葉県柏市に放射能測定器レンタルスペース「ベクミル」がオープンした。局所的に放射線量が高いホットスポットとしても知られる柏市。「ベクレル」を「見る」ことからベクミルと名付けられた同サービスの特徴は、利用者自身の手で測定するという点である。

ベクミルでは検出限界が20Bq(セシウム・カリウムを検出)のLB200、検出限界が10Bq(セシウムのみ検出)のLB2045の2機種を用意。検査機関ではないめ、検査結果の証明書の発行はない。

■井戸水を測定した利用者、不検出で一安心

利用者は電話、もしくはインターネットで日時を予約したうえで、自身で粉砕した検体を薄手のビニール袋に入れて当日ベクミルに来店。来店後はスタッフの指示を受けながら機械に検体を入れて測定を開始する。両機種とも概ね20分弱で測定が可能だという。食品だけでなく、土壌や水なども検体として持ち込むことができる。

料金は年会費が500円、LB200が20分間の利用で980円、LB2045が20分間で3980円となっている。希望利用日の前日9時半からインターネットと電話で予約を受け付けている。定休日は木曜日と日曜日。

オープン初日にベクミルを利用した主婦は井戸水を測定し、結果は不検出だった。産経ニュースの取材に対して
「安心しました。これでまた家庭菜園ができます」

と胸をなでおろした。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る