業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

薬濃度を誤り女性が重態~立正佼成会付属佼成病院~

2011年10月16日(日)09時00分配信 配信日:11/10/16 09:00 icon_view1862view icon_view1862view
■検査薬の濃度を通常の7倍で使用

東京都中野区の立正佼成会附属佼成病院によると、9月に80歳の女性患者に実施した胃の内視鏡検査の際、医師らが検査薬の濃度を誤って7倍以上の高い濃度で投薬してしまい、この女性患者が重篤なっているそうです。

■病院は医療ミスを認める

この女性は、検査のために同病院の外来に訪れていました。その検査の際、医師が投薬した検査薬である酢酸の濃度が、通常の7倍以上だったため、帰宅後に、体調が悪化し、現在は別の病院の集中治療室に入院していますが、急性腎不全となり、重篤な状態が続いているそうです。

立正佼成会附属佼成病院は、医療ミスを認め謝罪をし、再発防止策を徹底したいとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る