業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

進む薬局のIT導入 数値でも明確に

2009年07月29日(水)17時31分配信 配信日:09/07/29 17:31 icon_view18view icon_view18view
 保険調剤医療費におけるレセプト電算処理システム処理分は、調剤医療費分および処方せん枚数ともに91・2%に達していることが、厚生労働省がこのほど公表した『平成20年度版、調剤医療費の動向(電算処理分)』からわかった。
 調剤医療費費5兆4402億円のうち、4兆9630億円、処方せん枚数7億2008万枚のうち6億5638万枚が、それぞれ電算処理されており、薬局におけるレセコンの導入率の高さが伺える。また、レセプトオンライン請求に関しても、約1300軒の薬局が対応できなかったのみに留まっており、医科・歯科に比べて、薬局のIT化は着実に進んでいることが、数字の上からも明らかになった格好だ。
(情報提供元:
薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る