運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

官民一体で子宮頸がん検診を勧奨 「コール・リコール」システム検討

2011年11月02日(水)17時00分配信 配信日:11/11/02 17:00 icon_view1944view icon_view1944view
■全国初のシステム導入に向けて

千葉県の松戸市では、ウイルス感染が原因の子宮頸がんを予防するための新システムの導入が検討されている。子宮頸がんは、ワクチン接種による予防効果が認められているがんであり、松戸市では子宮頸がんの検診率を向上させる取り組みが行われている。

■子宮頸がんの検診率の低さが問題

子宮頸がんはHPV(ヒト・パピローマウイルス)が原因と特定されており、松戸市を含め予防のためのワクチン接種に補助金を出している自治体もある。しかし、子宮頸がんの国内の検診率は20%台で推移しており、松戸市も約23%であり、検診率が低いのが現状である。

松戸市では、女性一人一人に検診を促す「コール・リコール」と呼ばれる受診勧奨システムを官民一体となって導入検討が進められている。今年7月、子宮頸がん問題に取り組む医師らを中心に行政の担当者、市議らが検討会を開催した。検討会では、同システムの導入検討を開始し、具体的な枠組みの構築に向けて話し合いを続けてきた。

NPO法人「子宮頸がんを考える市民の会」の渡部享宏事務局長は
コール・リコールの成功の鍵を握るのは地域ぐるみの取り組み。多くの女性が受診できるシステムを松戸でスタートさせたい
と述べた。システムの導入が実現すれば、全国で初となる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る