業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ジェネリック薬 認知度は増加傾向 健康保険組合連合会調べ

2011年11月24日(木)18時36分配信 配信日:11/11/24 18:36 icon_view962view icon_view962view
■前回調査時より20ポイント増し

健康保険組合連合会は、「医療に関する国民意識調査」を2011年7月に実施。その調査で、「ジェネリック医薬品の認知度」について調べたところ、「知っている」と答えた割合は、前回の調査時に比べ約20ポイント増え、94.9%となったことがわかりました。

■きっかけは、薬剤師のすすめ

ジェネリック医薬品の「情報源」については、
・テレビの番組、CMから  74.2%
・新聞、雑誌、本から  27.7%
・医療機関や薬局の薬剤師から  26.3%
・インターネットから  18.5%
・受診した医療機関の医師から  17.2%

ということがわかり、「服用の経験」について調べてみると、前回の調査17.6%から大幅に伸び、47.4%の人が服用の経験があることがわかりました。服用することになったきっかけについては、
・薬局で薬剤師にすすめられた  41.0%
・医療機関で医師にすすめられた  33.7%
・自発的に希望した  26.9%

と、薬剤師にすすめられることが、大きな要因となることがわかりました。服用経験のある人に「薬の効き目」について聞いたところ、
・変わりない  68.1%
・効き目が落ちた  5.0%
・わからない 26.9%

となり、さらに、「薬の安全性」については、
・不安を感じなかった  76.8%
・不安を感じた  7.2%
・わからない  16.0%

と、不安を感じていないことがわかりました。

■服用経験がない人の理由は?

一方で、服用経験がない人に、その理由を尋ねると
・病気をしないため、薬を処方されたことがあまりない 43.7%
・薬局薬剤師にすすめられたことがない  30.6%
・普段から使い慣れている薬が良い  10.4%
・薬の効き目に不安があった  5.7%

と続き、「薬局薬剤師にジェネリック医薬品の調剤を断られた」と答える人も、1.3%いました。この「薬局薬剤師にジェネリック医薬品の調剤を断られた」理由については、
・取り扱いがなかった  53.8%
・在庫がなかった  38.5%
・医師の指示によりできなかった  30.8%

という結果が出ています。詳細については、以下サイトよりご覧ください。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る