運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

医薬品卸"カテゴリ別の価格交渉"が共通課題に

2011年12月03日(土)09時00分配信 配信日:11/12/03 09:00 icon_view1577view icon_view1577view
医薬品卸大手4社の2012年3月期第2四半期決算が出揃った。各社揃って増収減益となり、依然として厳しい価格交渉や、卸間での価格競争が行われている状況が改めて浮き彫りとなった。加えて、新薬創出加算対象品目やGE薬の増加、長期収載品の減少などが厳しい状況を後押ししている状況もあり、今後の共通課題としてカテゴリ別の価格交渉の推進の必要性が各社トップから指摘された。

こうした中で、一部病院団体幹部から"医薬品卸不要論"の指摘も受け、日本医薬品卸業連合会としてこれに反発。各社が打ち出す取組みによってこうした指摘を払拭できるのか、専業卸としての正念場と言えそうだ。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る