業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

密封された放射性同位元素を装備した機器を紛失 島根大学医学部附属病院

2011年12月04日(日)09時00分配信 配信日:11/12/04 09:00 icon_view867view icon_view867view
■放射線障害の恐れはなし

文部科学省は、2011年11月29日に、島根大学医学部附属病院で密封された放射性同位元素(ストロンチウム90・3.33メガベクレル)を装備した機器が所在不明となったと発表しました。

所在不明となっているのは、幅68センチメートル、高さ30センチメートル、奥行き26センチメートルの箱型のエリアモニタで、ストロンチウムは、直径40ミリ、厚さ10ミリの円形BOX内部の金属製容器に密封された状態で、エリアモニタに内蔵されていました。

■病院側は、事前に業者に注意をせず

島根大学医学部附属病院では、施設の内装工事を行なっており、11月3日に、業者が設置していたエリアモニタを取り外し、保管していましたが、11月22日に見あたらないことが判明したそうです。

気になる放射線量ですが、この放射性同位元素から50センチ離れた場所での放射線量は、0.1マイクロシーベルト毎時以下ということから、文部科学省では、放射線障害のおそれはないとしています。

なお、病院側は放射線量が低いことから、この機器の取り扱いについて事前に注意をすることはしなかったそうです。「微量だから問題ない」ではなく、何かあった場合の事を考えて、今後は管理を徹底して欲しいですね。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る