運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚生労働省 「平成22年医師 歯科医師 薬剤師調査」の概況発表 【薬剤師編】

2011年12月12日(月)17時00分配信 配信日:11/12/12 17:00 icon_view1273view icon_view1273view
■薬剤師は増加傾向

厚生労働省が、2011年12月6日に発表した「2010年医師・歯科医師・薬剤師調査結果」によると、平成22年12月31日時点における、全国の届出「薬剤師数」は、276,517人で、「男」108,068人(総数の39.1%)、「女」168,449人(同60.9%)という結果となり、平成22年届出薬剤師数を、前回の平成20年(以後「前回」)と比べると、8,766人、3.3%の増加となりました。

■「病院・診療所」従事者は、平成8年から横ばいの傾向

主に従事している業務の種別をみると、平成22年では、「薬局」は145,603人(総数の52.7%)と、前回の135,716人から9,887人、7.3%増加、「病院・診療所」は、52,013人(同18.8%)で、前回の50,336人から1,677人、3.3%の増加となります。また「大学」の従事者は、前回に比べ1,738人減少の7,538人、「医療品関係企業」は、387人減少の47,256人、「衛生行政機関又は保健衛生施設」は、23人増加の6,303人となりました。

年次推移で見ると、平成8年時点では、「薬局」は、69,870人、「病院・診療所」は、48,984人。このことから、「病院・診療所」は、平成8年から、ほぼ横ばい傾向であると言えます。

さらに、全国の薬局・医療施設(病院・診療所)に従事する「人口10万対薬剤師数」は、154.3人で、前回の145.7人に比べ、8.6人増加しました。

これを都道府県(従業地)別で見ると、徳島県が196.7人と最も多く、次いで、東京都189.9人、兵庫県178.5人となります。逆に最も少ないのが、福井県の117.1人、次いで沖縄県が119.7人、青森県が120.9人となります。詳細については、以下サイトよりご覧ください。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る