業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

インドの病院で大火災!スタッフは脱出で、患者は多数死亡

2011年12月12日(月)17時00分配信 配信日:11/12/12 17:00 icon_view420view icon_view420view
■火元は地下室

インドの西ベンガル州コルカタにある民間の病院「AMRI Hospital」で、12月9日早朝に火災が発生しました。この病院は5階建てで、地下室が火元と見られています。火災当時、病院には164人の入院患者がいましたが、病院のスタッフ3人と、患者84人のあわせて87人が死亡し、50人以上が怪我しているようです。

■初期消火に失敗し、先に逃げ出す?

死亡した患者のほとんどは、ICUとITUの患者と見られ、煙を吸い込んだことによる、窒息死と見られています。

「THE TIMES OF INDIA」は、病院のフタッフは、火災発生当初、火災に気がついた患者らを寝かしつけ、自分たちで消火を試みたそうです。その40分後消火ができないとわかると、患者を置き去りにして逃げ、さらに、病院のスタッフは、病院の入り口を締め、地元住民や、駆けつけた患者の家族らの救助の申し出を断り続けたため、その間にも、多くの患者が、窓を叩き、必死に救助を求めながら死んでしまったとも、報じています。

この病院は、2008年にも火災を起こしていますが、まだ火災報知器は設置していなかったと見られています。日本では、このような火災が発生しても、きちんとした設備が整えられているので心配はないと思いますが、何とも悲惨な火災ですね。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る