業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

医師のヒヤリハットは、3割以上が月に一度以上経験

2011年12月15日(木)17時00分配信 配信日:11/12/15 17:00 icon_view1297view icon_view1297view
■どきっとする経験は、月1回以上

株式会社ケアネットは、同社の医師会員1,000人に対して、院内で起こる『ヒヤリハット』に関する調査を行いました。その結果、医師の3人に1人が、月に一度以上『ヒヤリハット』を経験していることが判明したそうです。

あくまでも、『ヒヤリハット』は、事故にならない些細なミス。しかし、患者にとって”信頼している医師”や”安心できる病院”が、ミスをするとは思いもよりません。しかし、実際は、3割以上の医師が、月に1度以上は、『ヒヤリハット』を経験するという結果に。いったいどのような事例があるのでしょうか。

■最も多い『ヒヤリハット』は?

気になる最も多い『ヒヤリハット』は、
「薬剤の処方・投与 56.5%」
「小児に成人量を処方しかけた」
「散剤の含有量(%)計算をひと桁間違いかけた」
「前の患者のカルテ画面のまま入力した」
「目的のボタンを押したつもりがずれていた」
「似た名前の薬剤を押してしまった」

という事例。電子カルテによる間違えも多く寄せられたそうです。さらに、
「転倒・転落 24.2%」

と、4人に1人が、入院患者の転倒、夜間のベッド転落による『ヒヤリハット』を経験しているそうです。この「転倒・転落」については、
「患者の高齢化による転倒・転落事故は増加傾向にある」
「認知症患者の転倒事故は、環境整備・監視体制の改善を行ってもなかなかなくならない」

という意見もあるそうです。今後どのようにしてこの事故を防いでいくかが課題ではないでしょうか。詳細については、以下サイトよりご覧ください。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る