運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

定期的な観察をせず、がんの再発・発見が遅れる 新潟

2011年12月31日(土)09時03分配信 配信日:11/12/31 09:03 icon_view1038view icon_view1038view
■経過観察を怠り再発を見逃す

新潟大学医歯学総合病院は、同病院で発生した医療事故について発表しました。

同病院によると、外来を担当する第一外科の50歳代の男性医師の判断により、肝細胞癌の手術を受けたの患者に対し、数年にわたりCTやMRIなどの画像診断を行わなかったため、その後肝臓での腫瘍の再発をしてしまったそうです。

■再発防止を徹底する

この2人の患者は、非肝炎ウイルス性肝疾患を背景にした肝細胞癌でした。1人は腫瘍マーカが上昇、そしてもう1人は他の病院で行われた画像診断により再発が見つかりましたが、それまで画像診断による経過観察は行われていませんでした。

同病院による医療事故対策委員会や外部委員を含む調査委員会による調査で、「非肝炎ウイルス性肝疾患を背景として発生した肝細胞癌であっても画像診断による定期的な観察が必要」とし、今後は、

・クリニカルパス等を活用し必要な検査の予定を明確にする
・検査に漏れが生じないよう診療グループ複数の医師によって確認する
などと、再発防止策を徹底するとしています。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る