業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

富山の置き薬システム モンゴルに続きミャンマーで導入

2012年01月17日(火)17時00分配信 配信日:12/01/17 17:00 icon_view1522view icon_view1522view
■世界に広がる富山の置き薬システム

2004年より1月よりモンゴルで、富山の配置薬(置き薬)システムの導入が開始されたが、これにつづいて、ミャンマーにおいてもこれまでの試験的導入の成果が認められ、本格的導入が決定した。

富山の置き薬は、300年の伝統を誇る。このシステムの特徴は、「先用後利」。予め定数の薬を各家庭に配置、次回訪問時に減っていた分だけ支払うという点である。

■モンゴルでは往診が半分近く減少

モンゴルでは8県35郡約2万世帯(約10万人)に配置薬が利用されている。モンゴルでは、開始当時から、遊牧世帯の往診依頼数が半分近くになった実績もあり、政府も積極的に取り組む姿勢で、2014年末までには6万世帯、最終的には全遊牧民17万世帯への普及を目標としている。

■ミャンマーは家庭ごとではなく村ごとに

ミャンマーで試験的に「伝統薬置き薬事業」が始まったのは2009年である。この方法では、各家庭ではなく、村ごとに7種の伝統医薬品の入った置き薬を配置した。この3年間で、7000の村が利用している。昨年12月からミャンマー保健省の研究者が、国内で研修を受けながら薬の基準書作成にあたっている。

医療システムへのアクセスが向上した日本では、あまり見かけなくなった置き薬だが、プライマリ・ヘルスケアの有効な手段として現在も活用されている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る