運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

栃木県、平成23年度上半期における医療事故について公表

2012年01月18日(水)17時00分配信 配信日:12/01/18 17:00 icon_view777view icon_view777view
■医療の透明性と県民の医療に対する信頼の向上のために

栃木県では、県立病院の平成23年上半期に発生した医療事故件数を発表しました。

該当となるのは、栃木県立岡本台病院(249床)、がんセンター(357床)、とちぎリハビリテーションセンター(80床)。

■患者が死亡した事故はなし

発表によると、発生した医療事故は、栃木県立岡本台病院=171件、がんセンター=625件、とちぎリハビリテーションセンター=193件で、がんセンターでは、日本医療機能評価機構による分類で「4b」にあたる、後遺症が残る医療事故が、1件発生しています。

岡本台病院やとちぎリハビリテーションセンターで多かったのは、「療養上の場面」での転倒や、転落、給食、栄養など。また、がんセンターでは、「薬剤」における、注射、点滴、内服薬なので医療事故が多く見られました。

各病院の医療事故発生件数中上位3位
【岡本台病院】(171件)
・療養上の場面・・・114
・薬剤・・・27
・その他・・・25
【がんセンター】(625件)
・薬剤・・・192
・療養上の場面・・・156
・ドレーン、チューブ類・・・89
【とちぎリハビリテーション】(193件)
・療養上の場面・・・90
・薬剤・・・59
・その他・・・19

栃木県では、
今後とも、安全な医療を提供するため積極的に事故防止対策に取り組み、県民の皆様に信頼される県立病院を目指して努力していきたい

としています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る