運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

スマホが活躍 心筋梗塞の診断と治療 静岡県

2012年01月19日(木)17時00分配信 配信日:12/01/19 17:00 icon_view1093view icon_view1093view
■通信システムの有効活用でスピーディな対応

静岡県立総合病院(静岡市葵区、神原啓文院長)では、スマートフォンを使った、心電図送信システムの開発に成功した。
これにより、心筋梗塞など緊急処置が必要な疾患に対し、救急医療現場のみならず、医療過疎地でも、スピーディに的確な治療が可能になるとして、今後の配備が進むことが期待されている。

■すでにアンドロイド端末で試用開始

同病院院長代理の野々木宏医師と、ハンガリーの医療機器メーカー「ラブテック社」が共同開発し、「富士山(ふじやま)」と名付けられたシステムでは、スマホやタブレット端末と、ポータブル心電図が近距離無線通信でつながっている。

病院などの医療機関とは、スマホを通じてこの心電図情報がメール添付で送られる仕組みである。現在開発はアンドロイド端末を対象としており、アプリケーションの無料ダウンロードで使用可能。川根本町の診療所などで試用を開始している。

■治療時間の短縮が重要、普及に向けての働きかけを

従来、心筋梗塞に関する診断と治療では幾つかの問題があった。診断に不可欠な12誘導心電図が、大型かつ高価なことから、救急車などへの配備が徹底されない点、また、医師法の制限で、救急隊員が現場で診断ができない点などである。この結果、患者は病院に搬送されたあと、医師が12誘導心電図を基に診断してはじめて治療にあたっていたため、治療開始までの時間がかかってしまっていた。

現場から心電図を送信することで、早期の診断が可能となり、受け入れ医療機関でも準備を整えることができる。野々木医師によれば、これにより治療開始までの時間を30分は短縮できるとしているが、ポータブル心電図やスマホホ配備は行政の理解と協力が必要として、今後普及へ向けての働きかけを行いたいとしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る