運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

認知症、「てんかん」の薬で回復? NHK

2012年01月19日(木)17時00分配信 配信日:12/01/19 17:00 icon_view1465view icon_view1465view
■もの忘れ、実は「てんかん」だった?

年齢を重ねるごとに、今日食べた食事の内容を忘れてしまったり、人の名前を忘れてしまったり、昼間に何をしたか思い出せない人が多くなってくる。いわゆる「認知症」と診断されてしまいがちの症状だが、ある病気の薬がとても良く効くとのこと。それは「てんかん」の薬だそうだ。

■子供より年輩に多い「てんかん」

てんかんと言えば小さな子供が痙攣をおこし、意識を無くして倒れるイメージが強い。ところが、ここ最近では子供よりも年輩の人が多く発症しているという。
てんかんは生活習慣病によっても引き起こされる、誰もがなりうる病気で、しかも中高年の場合、その症状は「もの忘れ」としか見えない場合も多い(ためしてガッテン)

単なるもの忘れや認知症が、実はてんかんの可能性があるとのこと。

1月18日放送予定のNHK「ためしてガッテン」では、もの忘れとてんかんの関係性や予防方法について紹介する。詳細は番組HPで。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る