運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

済生会熊本病院、昨年致死量成人10人分の筋弛緩剤を紛失していたことが判明

2012年01月25日(水)17時00分配信 配信日:12/01/25 17:00 icon_view1438view icon_view1438view
■手術室に鍵をかけて保管

熊本市の、済生会熊本病院によると、毒薬に指定されている筋弛緩剤を紛失したとのことです。

紛失したのは、筋弛緩剤『エスラックス』50ミリグラムの瓶3本で、成人10人分の致死量に相当する量。病院では、手術室の冷蔵庫に鍵をかけて保管していました。

■保管方法に問題も

病院によると、紛失が判明したのは、昨年の12月7日。看護師が薬品の確認をしている際に、紛失に気が付き、2日後の9日に保健所と警察に連絡を入れたそうです。

病院では、毒物専用の鍵がついた保管庫に毒物以外の薬品が保管するなど、毒物管理の徹底がなされていませんでした。現在も発見には至っていないそうですが、病院によると、盗難の可能性は低く、誤って廃棄した可能性が高いとのことです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る