運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

インフルエンザに効果アリ?「R-1」入りヨーグルトが各地で品切れ

2012年02月07日(火)10時15分配信 配信日:12/02/07 10:15 icon_view1023view icon_view1023view
■話題の乳酸菌、R-1

現在、全国各地でインフルエンザ警報が発令されており、院内感染で患者が死亡するという事例も相次いでいる。小さな子供や高齢者の場合、インフルエンザに感染すると肺炎を併発して重症化したり、最悪の場合は死に至ることもある。

佐賀県有田町にある有田共立病院が「R-1」と呼ばれる乳酸菌を含んだヨーグルトを町内の子供達に定期的に摂取させたところ、インフルエンザの感染率が周辺と比べて低かったことが分かり、話題となっている。

■異常に低い感染率

同病院が「明治」の協力のもと、2010年9月から昨年3月の半年間、R-1乳酸菌を含んだドリンクを町内の子供たち(1904人)に定期的に摂取してもらったところ、インフルエンザの感染率は小学生で0.64%、中学生で0.31%と非常に低い数値だったという。同町に近い武雄市の感染率は10.48%だった。

このことが一部テレビ番組で紹介されてから、明治の「明治プロビオヨーグルトLG21」や「明治ヨーグルトR-1」が飛ぶように売れているという。子供をもつ主婦や、高齢者から人気があるという。

かつてインフルエンザによる学級閉鎖を経験したことがある有田町立曲川小学校の校長はスポニチの取材に対し
「R-1のおかげで今年はまだ生徒283人全員が感染していません」

と嬉しそうに話す。

もちろんヨーグルトに頼るだけでなく、手洗いうがいといった基本的な予防も必要不可欠だ。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る