緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

胃の粘液にがん発症抑制効果

2012年02月13日(月)17時00分配信 配信日:12/02/13 17:00 icon_view849view icon_view849view
■胃粘液ががんから体をまもる

信州大学医学部の研究チームが、2月6日付の米医学専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に発表した内容によると、胃の粘液に含まれる「糖鎖」に胃がん発症の抑制作用があることが分かった。

糖鎖は、糖の分子「α型N―アセチルグルコサミン」が鎖状に結びついた化合物。胃の粘液には、表面を覆う「表層粘液」と深部で分泌される「腺粘液」の2種があるが、糖鎖はこのうちの後者に含まれる。細胞膜の表面のたんぱく質などと結合する。

■マウスを使った実験で糖鎖の仕組みを解明

同研究チームは2004年に、糖鎖がピロリ菌の増殖を抑えていることすでに発表していた。今回の研究は、糖鎖がどのような役割を持つかを解明することを目的に行われた。ピロリ菌に感染していないマウスを対象に、糖鎖を欠損させたグループと、通常のマウスを比較した。糖鎖欠損群では約5週間で胃粘膜に炎症が発生、30週で胃がんを発症した。

胃がんの患者は、特に早期に糖鎖が減少したり、消失したりすることが既に確認されている。この結果から糖鎖は炎症を抑え、がん発症を抑制する働きを持つと結論づけられた。今後の臨床への応用に期待が高まる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1284件)

show

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 new 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.12.22 36.採用担当者必見!究極の「青田買い」は品川区に… 【オモテに出ている裏話】

もっと見る

業界ニュース(18760件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5410件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月10日~01月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月10日~01月17日

もっと見る