業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【インフルエンザ】患者74人が集団感染、2人死亡 大阪

2012年02月14日(火)17時00分配信 配信日:12/02/14 17:00 icon_view725view icon_view725view
■感染は終息に向いつつある

大阪狭山市の樫本病院で、患者ら74人がインフルエンザに集団感染し、患者2人が死亡したことがわかりました。死亡したのは、2011年8月から小脳出血のため入院していた90代の女性と、同じく昨年9月から、ぼうこう結石で入院していた80代の女性です。

病院によると、2人の死亡とインフルエンザと因果関係はわかっていないということです。

■感染速度が早く、広がることを防げず

保健所の調べでは、入院中の患者52人と職員22人がインフルエンザに感染。ウイルス型は、いずれも季節性のA香港型とのことです。

病院では、感染者の隔離や職員の出勤停止などの対策を取っていましたが、集団感染を防ぐことはできませんでした。なお、院内で行われたレクリエーション活動が、感染の広がった原因ではないかとの情報もありますが、この時期、集団で集まる場合は、マスクをするなど予防策を徹底することが大切ではないでしょうか。

なお、国立感染症研究所 感染症情報センターによると、2012年第4週(1月23日から1月29日)の定点当たり報告数は、35.95(患者報告数177,290)となり、前シーズンの最高値(2011年第4週定点当たり報告数31.88)を上回ったとのことです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る