業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

肥満を防ぐタンパク質を発見、治療薬開発に期待 京大

2012年02月23日(木)10時48分配信 配信日:12/02/23 10:48 icon_view1295view icon_view1295view
■英科学誌「ネイチャー」にも掲載

京都大学大学、理化学研究所、フランスのパスツール研究所らの共同チームは、「GPR120」と呼ばれるタンパク質が脂肪の燃焼に関係し、肥満を防ぐ働きをしていると発表した。この研究結果は20日の英科学誌「ネイチャー」の電子版に掲載される。

■「GPR120」欠乏マウスは肥満傾向

京都大学大学院薬学研究科の辻本豪三教授らはこの「GPR120」を多く含んだマウスと欠乏したマウスに対して、通常の餌と高脂肪の餌を16週間与え続けるという実験をおこなった。その結果、通常の餌を与えていたときは両者の間に変化は無かったものの、高脂肪の餌を与えたときは「GPR120」が多いマウスと比べて、欠乏したマウスの体重が平均約15パーセント増加し、脂肪の量も2倍に増えたという。

また、海外の2万人を対象に調査したところ、「GPR120」が少ない人は通常より1.6倍の確立で肥満になりやすいという結果となった。NHKの取材に対し、辻本教授は
「タンパク質を活性化させる薬を開発すれば、肥満の予防につながる」
と語った。


(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る