業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ギャンブル依存症の原因特定、治療薬開発にも期待 京都大学

2012年02月26日(日)09時00分配信 配信日:12/02/26 09:00 icon_view2628view icon_view2628view
■脳内の特殊タンパク質が関与

2月21日、京都大学大学院医学研究科精神医学教室の高橋英彦准教授ら研究チームは、脳内の特殊なタンパク質がギャンブル依存症に大きく関係しているという研究結果を発表した。この結果は同日、Molecular Psychiatryオンライン版にも掲載された。その特殊なタンパク質とは一体どんなものなのか?

■ギャンブル依存症の治療薬開発に期待

高橋准教授らは、健康な20~30歳代の男性19人の脳内にノルアドレナリントランスポーターがどのくらいあるか調査した。

このノルアドレナリントランスポーターは高まった不安を抑制する働きがあると言われているタンパク質の一種だ。調査対象となった男性らに対してコイントスの賭けを実施し、ノルアドレナリントランスポーターの量と賭けの傾向を調査した。

その結果、
タンパク質の量が多い人ほど利益が少なくてもギャンブルをしたいと答え、最も多い人では、勝ったときの金額が、賭け金と同じ1万円でも参加すると答えたということです。(NHK)

つまり、不安を抑制するとされているノルアドレナリントランスポーターが、賭けに対する恐怖心を軽減する働きをしているとも言える。ノルアドレナリントランスポーターとギャンブル依存症の関係性がはっきりとした例は今までなく、原因が特定できたことによってギャンブル依存症の治療薬開発も期待される。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:4件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5575件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る