業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

救急車のリアルタイム画像を病院が受信 富山

2012年03月04日(日)09時00分配信 配信日:12/03/04 09:00 icon_view911view icon_view911view
■たらい回しの防止も狙いの一つ

富山県立大学と射水市消防本部では、救急車内の様子をリアルタイムで共有する実験を取り組んだ。
画像を見ながら救急隊員と医師の会話も可能であり、状況を的確に判断し、患者の受け入れに十分な準備を整えた病院に搬送できることで、たらい回しを防止することも期待される。実験は2月6日から29日まで、家族らの了承を得て行われた。県外では同様のシステムでの取り組みを開始している自治体もある。

■患者到着前に十分な準備が可能

同大の工学部が、映像伝送システムを開発。小型カメラを救急車の天井などに設置し、搬送中の患者の様子を動画で病院のパソコンに送信する。これまでは、救急隊員からの情報提供で医師が完全に患者の容態を把握するとは言いがたい状況だったが、このシステムにより、患者が到着するまでに、医師は患者の状況を正確に認識し、受け入れ態勢を整えることができる。

■受け入れ態勢への効果が評価

この実験は、2010年の11月に、射水市民病院(射水市朴木)で初の取り組みが行われた。この病院では、救急車での搬送時間は10分以内と短く、効果の判定に十分なデータを取ることが出来なかった。今回は、第3次救急病院指定の厚生連高岡病院での取り組みのため、特に専門医の配備を含む受け入れ態勢の整備などについての効果が検証された。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る