業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【医療事故】ガーゼを置き忘れ2ヶ月後に取り除く 長崎大学病院

2012年03月17日(土)09時00分配信 配信日:12/03/17 09:00 icon_view1460view icon_view1460view
■ペースメーカーを埋め込む手術でミス

長崎市の長崎大学病院で心臓ペースメーカーの埋め込み手術をした際、医師が男性患者の体内に止血用ガーゼを置き忘れる医療事故が起きていたことがわかりました。

病院側によると、医療事故は2011年9月に発生。同8月に内臓疾患のため入院していた患者の開腹手術を実施し、その後不整脈の症状が見られたため、同9月に心臓ペースメーカーの埋め込み手術を実施しました。

しかし、その後2ヶ月の間に、数回の出血と分泌物が傷口から出てきたことから感染症予防のため、ペースメーカーの摘出を実施。その際、止血用として使用していたガーゼ1枚がペースメーカーの背下から発見されました。

■X線に映らないガーゼのため発見できず

このため病院では調査を行い、このガーゼはペースメーカーの埋め込み手術をした際に使用したことが判明。このガーゼは、X線に映らないため、ペースメーカー部分を撮影した際、確認できなかったそうです。このことから、病院は
・ガーゼを体内に入れて使用する場合は、必ずガーゼの一部を見える状態で入れる
・X線に写るガーゼを使用し、X線検査で確認する
・ガーゼが残っていないかダブルチェックする項目を処置記録に作成する

など、再発防止を徹底するとしています。

なお、この事故の公表は同病院のホームページ上でのみ発表され、報道機関には発表されていませんでしたが、これについて病院側は、患者が公表を望まなかったためとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る